カテゴリー別アーカイブ: 生花

2017年07月05日

生花ゼミ

今年の第1期 生花ゼミが始まりました。1日目は 交ぜ生け ススキと桔梗の交ぜ生けです。昨年もお勉強しました。2日目は燕子花ですが、私は初めてのチャレンジ 九蓋草(クガイソウ)の一種生けを試みました。丁度 花材がお花やさんにあったので、これも出会いかと思い試みました。細くてための効かない植物なのでまた、花器が泊まり船 と言って 行の花形なので、余りためや腰をつけない生け方になります。でも、心でためたりしなをつけたりするのです。難しい花材でしたが、楽しかったです。先生からも面白い花材を選んだね。と言われゼミですから、なんでも挑戦ですね。と怖がらずねお勉強出来ました。また、次へのステップになりました。お勉強面白いです。

2017年06月06日

花戦さ 公開

6月3日 映画 花戦さ が全国公開されました。京都の映画事情は半端ではなく観客が少ないので、日曜日 私も家人と共に、京都MOVIX京都 に足を運びました。この映画 京都六角通りに位置するお寺 紫雲山頂法寺 通称六角堂の住職 池坊専好のお話です。歴女にはたまらなく、俳優さんも素敵です。信長には中井貴一 秀吉には市川猿之助 主役の専好には 野村萬斎 1番魅力あるのが、利休役の佐藤浩市です。後半 秀吉の無残な仕打ちに無念の死を遂げた利休の思いを 専好の知恵と花の力を持って、秀吉を諌めに行く 花戦さ お茶室での利休と専好のシーンは、涙なしでは見られません。事件性、熱愛もない平たい筋書きですが(盛り上がりに欠ける)ですが、このシーンだけは見所です。萬斎の狂言的表現がオーバーで鼻につきますが、どこを見ても狂言。顔も表現も。他は落ち着いた画面です。子役もピリッと効いていて良かったです。韓国ドラマにはまっている人たちには、少し物足りない感はありますが、日本の文化の歴史を知るには良い映画です。もう一回見ようかな。佐藤浩市良かったな。利休主役感あるかも。役者の力かなあ。お茶人さんには中々 利休贔屓にできてますが。
ララランド 的ななんと言う事もない平たい物語の最後に涙 という内容です。グググっと来ます。一度見てくださいね。

(null)

2017年06月05日

立花ゼミ

今年初めて 一期目のゼミです。久しぶりにお花と向き合うと 疲れました。三日間集中してフラフラです。たった三作ですが、目も神経も頭もクタクタです。もう、桔梗も出て初夏なのに早いですね。60人足らずの教室は、エネルギーで室温も上がります。皆様熱心に真剣にお勉強 日本全国から来て、偉いですね。

(null)

(null)

(null)

2017年05月21日

小倉 天ずし

池坊全国大会 郡山から一年が経ちました。今年は、北九州の小倉。と言えば 天ずし です。30年前 楽屋見舞いのお寿司を頂き🍣もう驚きました。差し入れのお寿司はどんなにしても出前の味。それが、うわー美味しい。その夜には、天ずしのカウンターに座っていました。出前でこんなに美味しいのなら行ってみないと。普通の商店街のお寿司やさんと言うお店。でも、一歩入ると 変な緊張感漂う雰囲気。お酒類は一切ダメ。只々お茶でお寿司を頂く。私は飲めないので、歓迎です。一品づつネタの大きさ ご飯の握り具合 固く握らずふわっと。でも崩れない。30年間思い続けたお店に。先代から次代に変わっても同じです。ご兄弟で同じ名前のお店を。弟さんのお店は、先代を引き継ぎお酒類は一切ダメ。このお店はお酒類を出します。清潔そうなご主人と綺麗な奥様がサービスされていて気持ちいい。一口サイズも心地いい。ヒラマサも旬の鳥貝も鮑も勿論トロも美味しい。でも、以前のような感動が薄れていました。なんで?口がこえたのか?世の中のお寿司のレベルが上がったのか?少し残念です。でもでも美味しいレベルは上ですよ。来てよかった30年ぶりに。また、小倉に来ることあるかなあ。
全国大会は駅続きの総合会館。地方創生担当大臣 山本幸三 の挨拶から始まり市長に続いて始まりました。家元の説示 生徒が習いたいこと 先生が教えたいこと 押し付けの教育ではなく人に会った教え方を。分かりやすくされました。個人の個性を引き出せる意味もあって、これからの指導方針を。会計報告 事業報告 最後に 花戦さ と言う 池坊専好のドキュメンタリーに近い フィクション映画が 6月3日から封切されます。
主役の専好役の 野村萬斎も登場して盛り上げました。利休役の佐藤浩市ならもっと盛り上がったかも!真夏のような1日でした。

(null)

(null)

(null)

2017年04月08日

熟女メンバーです

今回ご一緒したメンバーです。熟女達。皆様 お花に命がけの方と 花よりだんご と豪語する方との違いはなんなのでしょうか?でも、目指すは、生け花文化。200点ほど作品を見た後は、自分にご褒美、半年は予約取れない 天神野口さん 楽しみました。自宅の しだれさくら🌸も三分咲き 可愛い10代の女の子 と言う感じ 可憐な桜です。毎日が楽しみです。

(null)

(null)

2017年03月18日

池坊展 大阪高島屋

3月15日から20日まで開催されている 池坊展 初日に見に行かれた方から、家元の作品が力強くて凄いです。樹齢80年の山茱叟を使われた立花 評判を伺い 早速大阪へ。昨日もメールが入り、家元84歳にしてご健在。作品が群を抜いて力強い。とのご意見。楽しみに。さすがです。作品目前に圧倒されるような迫力と季節感 その中に空間の安らぎと風邪を感じました。次世代はまだまだ追いつけないですね。みなさま頑張って次の時代を引っ張ってくださいませ。是非とも、ご覧ください。パワーがもらえそうです。一種のパワースポットかも。

(null)

(null)

2017年02月08日

生花ゼミ

今年の最終期 四期のゼミです。が、風邪をひいて、土曜日から調子が悪くておこもりでしたが、熱が出始め、お医者さまに、インフルエンザではなくて一安心です。でも、36,37,38度とぐんぐんと上がる数字に怖くなりますが、辛いのは36.8度でした。身体中が痛くて眠りもできずうつつの中での睡眠 38度過ぎるともう、何も感じずに眠るばかり三日間で3キロ減りました。ダイエットしてる時は全然減らないのに、この辛さ、食欲のなさには驚きました。このまま食欲なくなれば良いのに!回復するとあっという間に元の木阿弥。が怖い。2月3月は私の天中殺かも、いつもこの時期体調不良で、お医者さま通いです。でもいつも大きな病気もなくて一年安心して暮らせてます。高齢者になるとメンテナンス大事ですね。ゼミも二日間欠席でした。最終日は、今年度の修了式。終了証書頂き帰ってきました。勿論、一作生けましたよ。

(null)

2017年01月09日

NHK大河ドラマ  女城主直虎

昨日、日曜日から始まった NHKの大河ドラマに、池坊の生け花の作品が出ています。作品が出るのは、1回目3回目5回目になります。

講師が指導に行かれて作品を担当されました。みなさま本物の時代考証に基づいた池坊生け花の作品を お楽しみくださいませ。

2016年11月15日

竹内教室OB花展

池坊七夕会が終了した翌日 同じ会場の七、六階で 竹内教室のOB花展が開かれました。たった1日と短い期間と言うか短い時間の開催でしたが、明るくて素敵な花展でした。テーマは〝ひまわり〝 会場いっぱいに、往年のソフェアローレンの映画のテーマ曲が流れて 少しもの悲しくも情緒ある音楽 会場の作品は明るくて 楽しい時間でした。自由花は最近はヒットが無くて残念ですが、こんなに集まるといいなあ、と思いました。自由な発想が個人の思いを伝えます。お友達の 薫ちゃんと理香ちゃんも出瓶していてお祝いに寄せて頂きました。着物姿も綺麗です!作品に劣りませんよ。お疲れ様。

2016年11月11日

池坊 花展 七夕会

11月9日から 京都 高島屋 11日から 烏丸六角 池坊 14日まで開催。地方での花展は季節ごとに有りますが、七夕会は、本部主催の一大イベントです。全国から池坊の門弟が京都に一同に集まります。高島屋会場と池坊会場を行ったり来たり。皆様忙しいのです。毎日行事があり、支部長会議  法要 コンクールの表彰など。同僚との会食 パーティなど、昼も夜も大忙しです。今年のテーマは 〝花の力〝家元の作品は〝相生〝 松が力強く向かい合っています。これは、高島屋会場  池坊会場の作品は、道場の家元席 可愛9日優しい花材で!掛け軸は、雪晴 南天が描かれています。画 は、池坊 専永 サン は、千 宗左 両家元の合作です。お知り合い同士が、楽しまれた作品です。どこにもない逸品です。ご覧くださいませ。