カテゴリー別アーカイブ: ブログ

2017年06月18日

はふう聖護院

夷川通に古くから馴染みの 洋食屋さん はふう 聖護院山王町に新規オープンされて便利になりました。ビフカツが美味しいと言われているので、一度持ち帰りしました。美味しかったですが、ビフカツとレタス人参 玉ねぎがマヨネーズで和えたものが入っており、いまいちでしたが、尋ねると、ビフカツとソースだけでも出来る。との由。では次回からはそのように。今回は、ランチに行きました。12時という時間帯、三組待ちでも、10分待ちくらいで、カウンター12人くらい 奥に20人くらい入るテーブルがあり、6人がけのテーブルも。そんなに広いとは、全て満席。驚きました。ランチにハンバーグとパスタ サラダとお味噌汁と御飯 珈琲。972円お得なランチ。折角ですから、ビフカツセットとステーキ丼を注文して、2人でシェアしました。さすがにお肉は柔らかくてビフカツも6切れ勿論、サラダとお味噌汁と御飯つきです。もうお腹いっぱいですが、並んで?と言われたら、洋食緒方 さんが、お値打ちだしもっと美味しくて満足感あるかもしれません。予約取れない時は、こちらでも!

(null)

(null)

2017年06月17日

珈琲 直

京都 河原町 姉小路通東入 間口二間ほどの見逃すような小さなお店 珈琲専門店 直 8年前に開店しました。6席カウンターしかなくて、お店の方も1人 メニューも珈琲の豆の種類ばかり かろうじてカフェオーレが見つかり注文。カプチーノとかないのかと尋ねると、マシーンがないので。とのお返事。ぶらりとした帰りなので、小腹が空いて、唯一の、ハムトーストを注文します。イギリス食パンにハム、カリカリしていて本当にシンプルです。今時の美味しく食べる、見かけが良いという工夫もなく、そのままパンの🍞はしもついて。カフェオーレもケニア豆 酸味がなくてミルクにぴったり。量も普通の珈琲カップで、多くなくて嬉しい。お兄さんと私の対面。会話も出過ぎずはぐらかさず丁度良い加減の接客です。お客様は私1人でしたが、いつもは満席とか。8年前に一度に来たことありましたが、全然変わりなく、京都の街中の穴場です。常連さんばかり見たいですよ。のんびりした上品な珈琲専門店。直。

(null)

(null)

2017年06月13日

プレステージオークラホテル バンコク

2年ぶりのバンコクに週末行ってきました。前回、宿泊した時にリサーチしておいたホテルです。ホテルから、路上を通らなくてスカイトレインに通じて 便利な良い場所に位置するので今回は パッケージで申し込みました。3泊目からは料金が安くなったり、アフタヌーン・ティーが無料だったりとか 女子には嬉しいおまけ付きです。ネットって本当に便利です。スカイトレインの駅続きには embassySPもあり、わざわざプローンポーンのエンポリアムまで行かなくても良いし(でも行きましたが)5階にはレストラン街もあり、日向と言う超高級なお寿司店もあります(行かなかったです)マイセントンカツ 一風堂ラーメン カニカレーのソンブーン 小籠包のテインタイフーン  カフェやスイーツ店も。オークラの中も 和食山里本当に便利です。お部屋のお掃除も1日2回入ります。冷蔵庫のビールソフトドリンク無料 毎日補充されました。おばさん根性丸出しになりましたが、嬉しい滞在でした。女子らしい。桜フェア🌸のアフタヌーン・ティーを満喫。珍しく家人もゆっくりされました。観光なしのリラックス滞在。チェンマイやパタヤも良いですが、移動に時間がかかるので、バンコクの街中リゾート気分も格別でした。ゆっくりした週末でした。朝食も 久しぶりにエッグベネジェットを頼んだりと 普段出来ないメニューを楽しみました。

2017年06月11日

鳥貝  知ってますか?

平たくて黒と白色の鳥貝 貝の形知ってますか?私も初めて見ました。平貝とかみる貝のような形かと思っていましたら こんな貝でした。意外です。綺麗な貝ですね。大きな貝は、値段が高いそうです。特に 京都の舞鶴とか丹後がこの時期高級食材だそうです。凄い。

2017年06月08日

鈴江さん

予約困難 高級すぎて?と言う評判の 鈴江さん。嬉しいことにお誘いを受けました。女子3人とご一緒に。6時でも明るく、白川沿いの道を少し歩いてお玄関に。新緑が爽やかすぎます。まずは、淡路赤ウニ、甘さとコクがたっぷりの濃厚ウニ。お刺身は あこう鯛と鯨の尾の身 珍しい珍味です。出ました鮑 大きなサイズに分厚い 噛み応えと中からのジューシーな味 賀茂茄子揚げと。焼き物は目の前で、多さなサイズの今が旬の鳥貝 サッと炙ってお塩で ハモもサッと炙って酢橘で。何枚もの鳥貝に大満足 オコゼの煮付けも、染み込んだ味があっさりの口当たり 締めのご飯は 富山の毛ガニ 毛ガニは北海道の認識が消えました。凄い食材でした。ムッチャ嬉しいご招待でした。最後のデザートは、マンゴのお餅 乾山の器で。贅沢。何と 二次会は、祇園枡梅さんへ。節分以来の訪問。女将さんとも久しぶりにお目にかかり、小花ちゃん 小喜美さんと楽しく祇園の話題を。夜が更けるのは分からないお座敷でした。あー楽しい祇園町。辞められませんね。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年06月06日

花戦さ 公開

6月3日 映画 花戦さ が全国公開されました。京都の映画事情は半端ではなく観客が少ないので、日曜日 私も家人と共に、京都MOVIX京都 に足を運びました。この映画 京都六角通りに位置するお寺 紫雲山頂法寺 通称六角堂の住職 池坊専好のお話です。歴女にはたまらなく、俳優さんも素敵です。信長には中井貴一 秀吉には市川猿之助 主役の専好には 野村萬斎 1番魅力あるのが、利休役の佐藤浩市です。後半 秀吉の無残な仕打ちに無念の死を遂げた利休の思いを 専好の知恵と花の力を持って、秀吉を諌めに行く 花戦さ お茶室での利休と専好のシーンは、涙なしでは見られません。事件性、熱愛もない平たい筋書きですが(盛り上がりに欠ける)ですが、このシーンだけは見所です。萬斎の狂言的表現がオーバーで鼻につきますが、どこを見ても狂言。顔も表現も。他は落ち着いた画面です。子役もピリッと効いていて良かったです。韓国ドラマにはまっている人たちには、少し物足りない感はありますが、日本の文化の歴史を知るには良い映画です。もう一回見ようかな。佐藤浩市良かったな。利休主役感あるかも。役者の力かなあ。お茶人さんには中々 利休贔屓にできてますが。
ララランド 的ななんと言う事もない平たい物語の最後に涙 という内容です。グググっと来ます。一度見てくださいね。

(null)

2017年06月05日

立花ゼミ

今年初めて 一期目のゼミです。久しぶりにお花と向き合うと 疲れました。三日間集中してフラフラです。たった三作ですが、目も神経も頭もクタクタです。もう、桔梗も出て初夏なのに早いですね。60人足らずの教室は、エネルギーで室温も上がります。皆様熱心に真剣にお勉強 日本全国から来て、偉いですね。

(null)

(null)

(null)

2017年06月04日

まるき製パン所

京都松原通り 大宮東入 創業55年の老舗パン屋さん。昔ながらのシンプルパン。コッペパンにサンドですね。一度行ってみたいと思っていましたが、京都市内でも結構行きにくい場所。お花のお友達が近所にお住まいなので、お届けくださいました。塩パンとハムパンが1番人気ですね。キャベツがたっぷり、シャキシャキ感が心地よい。1人で、20本とか買われるそうです。今回は、ハムパン コロッケパン 海老パン クリームパン チョコレートパン を頂き、お友達と分けて頂きました。ハムパンは売れ筋でやはりあっさりと美味しい。コロッケパンも衣がカリカリしていけます。クリームパンのクリームが、コンデンスの味がして好きです。カスタードのクリームパンとは違うかも。次回は、塩パンも食べたいな。ハムパンは当日中に食べるのが美味しいかと。コロッケパンは翌日でも美味しいです。京都はパン激戦区すごいですね。コッペパンのフワフワ感。見た目普通なのでがっかりしないでくださいね。そのぶんお味が増します。

(null)

2017年05月31日

祇園 蓮香

叔父の古希のお祝いと妹のお誕生日祝いを兼ねて 一年ぶりにランチでお祝いをしました。便りのないのが良い便り と言われるように、普段は連絡もなく疎遠ですが、久しぶりに会うと懐かしくて身内は良いものです。午前中に集合してお墓参りをしました。お掃除をして、綺麗にお花とお線香をあげ、古希のお祝いの報告を。お墓参りは気持ちが良いですね。ランチに 祇園 蓮香 さんにお邪魔しました。廣澤君が頑張ってくださいました。夜のお料理をお昼用にアレンジして、妹も大喜び。グラシャンでお祝いの乾杯しました。 ジャガイモと金華ハムの春巻き 3種 海老 トコブシ あさりの飲茶蒸し物 焼豚と蜜 渡り蟹の味噌とフカヒレスープ 和牛と花山椒 クレソンの炒め 締めは 鮑と海鼠のリゾット土鍋仕立て もう一品炒飯はお断りしました。この土鍋鮑リゾットが、抜群に美味しくてこれで締めにしたいです。とお願いしました。本当に甘くてコクがあって倍の量が食べたい。蒸し物と土鍋鮑だけのランチで良いかも。でも、焼豚だけもこんなに美味しいかと余り好みではない私もペロリでした。最後の杏仁豆腐も絶品でした。これもお代わり。と言いたいです。炒飯はお持ち帰りのお土産となりました。ご馳走さまでした。素敵なお祝いランチでした。

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年05月30日

例会 洋食緒方

例会始まって20年弱 もう年月が経つのは早いですね。と、4人とも60歳を超えました。最近は中々4人揃うのが難しくて、久しぶりに全員集合です。場所は、洋食緒方さん。さあ、食べるぞう。と言うか覚悟で。6時前すでに🈵状態。お隣の席には、和食の緒方さんご家族が!ご贔屓で、私が寄せて頂くときは必ず奥様に会います。注文は8品です。タコのてっぱえ 味のレアフライ ヤリイカのフライ 白トリュフかけオムレツ これ絶品 ナポリタン ピラフ ビフカツ
ローストビーフとクレソン これがまた素晴らしい。ローストビーフが薄くなくてガッツリ分厚くて食べ応えありです。1人2枚半から3枚
肉食べた。と言う感じがします。最後のプリンも🍮マッタリ表面カラメルがカリカリ。ハーブティと合いますね。緒方さん行きたーいと言う日が数ヶ月に一度訪れます。二次会はえんさんへ。本当気の置けない仲間 ずっと続けたいですね。内緒ですが、お隣の女子会グループ オムレツガン見でした。でも、注文は受けられてないようでした。白トリュフなかったかも。私たちの我儘聞いていただきありがとうございます。

(null)

(null)

(null)

(null)