2024年06月21日

杦さん

入り口に 茅の輪 6月らしいしつらえ まだ舞鶴の鳥貝が出て 今年は鳥貝に恵まれている 今日が最後かも。氷の 氷室も手が混んでいて涼しさが増す 鮎の塩焼きもウルカのタレで食が増す。
さんきらいを使った八寸も一般人では気づかない使い方に驚く。料亭のようなしつらえに毎回感嘆
来月は祇園祭ですね。楽しみです。

2024年06月15日

生花ゼミ

3ヶ月ぶりのゼミ教室 クラスの皆様と会うのも久しぶりです。皆様お元気でお変わりなく 生け花に意欲を燃やしておられます。50人弱の人数は、教室満杯。柴田先生人気です。いつも小さな立て花を生けてるので、今日は少しだけ大きめサイズのお花を入れました。楽な差し口にホッとします。立て花は難しいこと再確認しました。大好きなこの時期のお花 柏葉紫陽花 お友達のお庭からのプレゼント 花材は大切です。すっきりといいなあ! と柴田先生も褒めてくださいました。うまく入る時は一発で決まるのです。悩んでいる時はあれやこれや 最後まで上手くいきません。そんな時は スッキリと全て取り外して 最初からやり直しが一番です。気分転換してから また 始めましょう。今日はスッキリ!

2024年06月12日

三味洪庵

だあれも通らなかった通り(路地)地味なお餅屋さんやお惣菜のお店があったところ 急に行列のお店が!お蕎麦屋さん 外国の方も並んでいる。お蕎麦だけの方(単品)は並ぶ。予約は 箱弁当にお蕎麦。4500円。2段にありきたりのお弁当が!酢橘そば 中々美味しい お蕎麦もしっかりしていて美味しい。が、並ぶのは嫌。でもお弁当付きも嫌 どうしましょう!

2024年06月06日

アニエスベー

祇園町花見小路に 町家バーだった建物が アニエスベー カフェと洋服屋さんブティックになっている。入ってみると以前の“牡丹”と言う芸妓さんがしていたバーとは全然変わっていて カフェの奥は坪庭 その奥は離れ 離れは個室になっていて8人くらいが入れるテーブルに!2階は吹き抜けでブティックになっていて洋服などの販売。表からの暗い雰囲気とは違い 坪庭の緑が爽やかな明るいカフェ 軽食もありドリンクだけでも良い。花見小路もフランス化してくるのかしら?でも近所にあった マカロンで有名な laduree は閉店された。外国人観光客は入らないかも!続くと良いですね。

2024年06月02日

両国国技館

初めての 両国国技館 地方のお相撲は行きましたが、国技館は初めて!やはり凄い。流石ですね。
お茶屋さんの件数も半端なく威厳があります。通路も広くてお土産屋さんや食堂も500円で一人ちゃんこ鍋 も食せるサービス。何時間でも楽しめます。私は13時30分に入りました。広くてわーい。興奮します。TVしか見れない 優勝力士のパネルも初めて!正面席で見やすい。名物の焼き鳥を食べながら 酎ハイやビールなど楽しまれてまるでピクニックです。私は枡席で食べる習慣がないので慣れないですが、男衆さんが最後の注文を聞きにきた時に アイスをお願いしたら なんと国技館アイスでした。ワーイこれも初めて!13日目 大の里が 優勝候補 今場所は初優勝しました。
おめでとうございます。悪させずに真面目に頑張ってくださいね♪秋場所は大関かな?
怪我せずに!また、行きたいなあ!日帰りでも十分満喫しました。

2024年05月23日

祇園ゆたか

まあ 久しぶりに 祇園ゆたかさんに 寄せて頂きました。珍しく今 一番お忙しい 池坊専宗さんもご一緒しました。この後もすぐに東京に帰られました。東奔西走とはこのことですね。
鮑のマリネも久しぶり 大きな切り身の歯応えが心地よいです。横にチョコっと一切れ キャビアもつけて頂きました。生のお肉も美味しい。コーンスープも甘くて季節を感じます。宗匠だけがサーロインステーキ ゆたかさんにしては珍しい注文らしです。私たちはもちろんヒレステーキ 美佳さんのご希望で 小さなハンバーグをステーキの後に頂き ソースが特別 ピリ辛なのです。さすがに ゆたかさん ゆっくり優雅な時間を過ごしました。

2024年05月20日

東山司

平安神宮道を西へ 細い階段を上がったお店 清潔な空間が “司”さん
初夏を感じる 新茶ゆず風味のじゅんさいでスタート飲むお料理は、初めて!鳥貝と海葡萄 シャリ粥は 蘭王卵にグリーンアスパラ 毛蟹 新じゃがとトマト 鱧と焼き茄子抹茶椀 ぐじと白ズイキ 鮎の唐揚げと胡瓜 発酵食品の液体チーズ風味生春巻き これは好き好きかな ポーク肩ロース 蓬ふの麺 美味しいと桜エビ 締めは 桜鱒ご飯 カレー 大好きな 焼きわらび餅にアイス
ズット食べたい お代わりもしたいです。爽やかな初夏の緑主体のお料理でした。土曜日だけランチありですよ。

2024年05月15日

イタリアン

リッツ・カールトンホテルのイタリアンレストラン “ラ ロカンダ”
ホテルの開業当時はこぞって行きましたが、お庭が見えて お座敷のようになった個室のテーブル席が話題でした。数年ぶりに ご招待頂き寄せて頂きました。なんと“桐木さん”とお声がけくださったのは レストラン米村のオーナーシェフの 米村ご夫妻 驚きました。お席もお隣。絵に描いたような素敵なカップル。米村さんのJK姿などは初めてかも!カッコいい。奥様もモデルのようにお二人お似合い。で、お隣のお席でズット私と米村さん喋っていました。2時間も。申し訳なくて雰囲気丸潰れ。奥村 ごめんなさい🙏 お料理は 以前よりはずっと美味しく メインの頬肉などはほんと柔らかくソースもおいしかったです。さすが デザートは、ピエールエルメ チョコがタップリなんとも美味しいデザートでした。これとカプチーノだけでも満足です。久しぶりにラグジュアリーな雰囲気を味わいました。他のお席は欧米人ばかり。レストランはまだお席に余裕ありましたが、続きのバーにはハンパないほどのお客様でいっぱいでした。日本人とは違うのですね。気分の良い夜 帰りは木屋町高瀬川を見ながら雰囲気に酔ってました。

2024年05月12日

祇園 饗宴

祇園饗宴さん まだ4月に開店された新店舗 イタリアンの山口さんと和食の山岸さんのコラボ店 と言っても 山口さんが出てくるわけでもなく 金子シェフが頑張っています。和食とイタリアンの融合。どんなのかなあ?と興味津々で行ってみました。
祇園の西通り建仁寺さんの塀から二軒目の一軒家。シックなしつらえでワインのコレクションが半端ない。カウンター8人。爽やかなシェフ。お話も上手。まずは 毛蟹 米ナス パプリカソース
カップリーニ アメーラトマト 大きなホワイトアスパラ (ここまで山口さん)鯛の潮 針ネギ ウドお椀 鮎の揚げ南蛮 じゅんさい 蓬の葛ソースで 美味しい お刺身は 旬の鳥貝炙りと鮪
桜エビ揚げと破竹の茶碗蒸し  山岸さんお得意の 雲丹とキャビアの手巻き寿司 好きなだけ雲丹もキャビアも載せてくださる 鮨飯はバルサミコ酢で 炊き合わせは水茄子 ヒレステーキ 締めは白ご飯に明太子 桜鱒と実山椒と筍のご飯 カレー デザートは、胡麻アイスの最中 結構うるさい3人ですが 分量と薄味にお腹の具合がちょうどよく 楽なコースでした。コスパが良いのです。人気が出るの間違いなし。和食が続くと どのお店でも 同じ食材で重なりますが、イタリアンと融合だと 気分も味も変わり嬉しい。今の間にもう一度行こうかな!帰りは バーかさい でいっぱい飲めそうです。
良いお店を発見 楽しみです。

2024年05月09日

ソウルの鰻焼き

GW最後の日 少し外してソウルに 7年ぶりに行ってきました。変わっていたのは為替の金額と全ての値上がりでした。というのも 円安の影響。お買い物に興味がなくなり 韓国うなぎ焼き が食べたくて行ってきました。綺麗なお店 コチャン プンチャン チャンオ チャンオはうなぎのことです。すごく混んでいて満席です。お昼でしたが。4人で2キロの鰻を頼み満腹です。生の鰻を 半分を白焼 あと半分をつけ焼き 生姜の千切りをつけダレに浸して白焼と食べるとムッチャ美味しい。つけダレだけよりおすすめです。鰻のお味噌汁も今までに食べたことないお味。パッチャン(おかず)も追加可能で超満足でした。これから日本でも流行りそう。でも、鰻高いですから韓国に行った方が楽しいかも!#コチャン #キリキン