2023年02月04日

祇園甲部 お化け

2年ぶりの“お化け“ お客様も待ちに待った その通り 祇園桝梅 さんのお座敷も 5部屋とも満室でした。5時からの組と8時からの組 お座敷もお客様も入れ替えです。お料理は これも一年に一度のご馳走様 安久さんのお弁当と蘭さんのお寿司 ほんと懐石料理の定番でなくて 究極の贅沢メニューです。最後には 蘭さんの恵方巻き も用意されていました。
今年も 池畑慎之介さんとご招待賜り 贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
さあ 5時からすぐに お化け登場 今年は6組 水戸黄門組 白波5人男 ルパン3世組 切られ与三郎組 石橋組 玉兎組 玉兎にはキツネダンス ルパンの組はTVショッピングの例のカップルが出て 笑いっぱなし!「社長 もう少しお安くしてください」なんて誰もが知っている 癖のあるCM
皆さま工夫をされて現在のオチを取り入れて 二日間お座敷を回られます。何十軒も!5時だと言うのに ルパンの不二子役は 既に酔っ払ってました。夜中までもつかなあ?って心配します。
これをみて また若い芸妓さんたちが 私たちはも来年はしたいなあ!なんて心踊らされます。
「舞妓さんちのまかないさん」のドラマの ゾンビなどはないですが、綺麗な品の良いお化けが
喜ばれます。少しずつ 元に戻ってきそうです。




2023年02月01日

中華 明

一年ぶりに 中華“明”さんに寄せて頂きました。今回も 貸切で “例会” ”北山女子会“の合同で行きました。 8名。ご主人 一年ぶりに会ったら なんだかスッキリして ちょいワル親父っぽくなっていて 見違えました。清潔そうになったのはいい事! でも 他の中華店とは違う味、ここしかない一品一品違うのです。最近 高級店に行っても何か全て同じ味というかベースが同じ。一品づつ違い味が楽しみです。これは多めに。とか これは少なめ。とか わがままが言えます。
春巻き 湯葉と鮑 雲白肉 エビチリ麻婆春雨 ネギラーメン カリカリジャコのチャーハン
出入り禁止覚悟で 一枚だけ写真出します。 要予約 って出ているのに 電話番号なし。笑う


イカの紫蘇あえ 梅酢

2023年01月26日

L A BURDICK チョコ

NYのお知り合いから頂きました。
いつもお洒落なお品やお店を教えてくださいます。
NYの街中でのフードコートには ジョンローンかと思うような男性が、
このフードコートに素敵なコートを着て朝から、シャンパン飲んでました。
勿論 横にはモデルのような女性が!

このチョコ ネズミが可愛くて🐭
ずっと見てたい 芸術的なチョコです。

2023年01月23日

相撲ロス

2ヶ月に一度やって来る
“相撲ロス”
今日も心に穴が空いたように午後からポカンとしています。
昨日まで
大相撲放送が待ち遠しくてソワソワしていました。
今場所は 面白くて 最初は 阿炎を応援していましたが、
最後の貴景勝と琴勝峰の決戦は最高でした。
琴勝峰には2度とないチャンスかも!
親方が審判で見ている中 優勝すれば!どんなに嬉しいかしら。
などと色々場面を想像しながらの土俵を見ていました。
結果 貴景勝の優勝でしたが、これはこれでまた落ち着きました。
来場所は 横綱照ノ富士が出てきますように!
気分転換にネイルに出かけました。
“春よ来い”の願いを込めて華やかなネイルになりました。

2023年01月18日

松の内

“松の内” も終わり
いつも悩むのですが!
この“餅花” いつまで飾るのが正解なのかしら?

1月中とか節分までとか。
“祗園かさい”は 一応 1月末までにしてはいますが!
華やかなので ずっとでも良いのですが、気分が変わらなくて変化が欲しいですね。
まだまだ 寒い日が続きますね♪

2023年01月13日

昭和の祇園

祗園の芸舞妓さんを 撮り続けている 写真家の溝縁ひろし氏
美術館「駅」で 写真展を開催されてます。
モノクロ 〜カラーまで
現役さん OGさん(私も含めて)
沢山の懐かしい写真に 見入ってしまいました。
私の芸妓のご挨拶写真
も 出てますので お時間あれば お立ち寄りくださいませ。
1月29日まで。

京都駅美術館

2023年01月07日

祇園甲部 始業式

コロナ禍 祇園歌舞練場の工事も終わらぬ中 八坂倶楽部で 芸舞妓さんの始業式が始まりました。
あまり寒くもなく 風がないので温暖な始まりです。終了後は お茶屋さんへのご挨拶周り 
マスクをつけて周ります。道で沢山の方々に遭遇 チョットご無理をお願いしました。
少し雨が降ってきたので 紋付の上に舞妓さんは 雨コートを。先に写真写させてもらってよかったです。お仕事は既に始まってはいますが、公式の行事は 気持ちが締まります。今年こそは!
歌舞練場も新装されるので 今年の“都をどり”は楽しみです。 皆さまお越しくださいね。
都をどり  4/1〜4/30まで  お待ちしてます。

2023年01月05日

祇園 よねむらさん

新年初の外食は “祇園米村さん”です。
お正月3日からの営業は 私たちも助かります。年末からずっと 家ご飯が続きはたまた おせちがあり、変わり映えのしない食卓に飽きた頃、外食。少し着替えての外出はウキウキします。
お正月らしいお料理にワクワクします。酒粕汁に鯨のころと山菜 温まります。カニコロッケにビーフシチュー乗せ 綺麗なお花畑 雲丹 カラスミ タコ 他 蛤とエスカルゴ上にはtruffeタップリ フグのサラダ唐揚げ 焼き白子 ゼリー固め 伊勢海老のブイヤベース 贅沢です。 海鼠
このわたの冷製パスタ 黒毛和牛 京都牛のヒレ カイノミの食べ比べ デザート 私は フレンチトーストとリンゴのキャラメレーゼとアイス あっさりと美味しいリンゴの酸味もアクセント
やっぱり凝り性のよねむらさん。お味もさることながら 可愛さがプラス 繊細なお料理です。


2023年01月01日

2023年1月1日

2023年 元旦 明けまして おめでとう ございます。本年もよろしくお願いいたします。
暮れにはアップ出来なくて 年末のご挨拶できず申し訳ありませんでした。
たいした用事もないのに バタバタ忙しかった昨年でした。今年はもっと のんびりとします。
今年は“うさぎ年”なので 嬉しいですが周り年は気をつけないと体調変化があるそうです。
床の間の掛け軸も “うさぎ”さんにしたり うさぎさんのグラス ぬいぐるみを頂いたりと集まってきます。可愛くて嬉しいです。おせちは 例年の 主人が頂く“嵐山吉兆”さんのおせち
 天神“野口”さん 今年から始められた“杦”さんのおせちとお鍋のセット お鍋は 伊勢海老とフグのお鍋 おせちは ばちこと唐墨とクワイ煎餅と黒豆。シンプルにプロ好み 煮物は一切なし。
3件の食べ比べですが やはりお店それぞれのお味が楽しめました。お煮しめは野口さんが最高でした。黒豆やごまめなどは吉兆さんが細やかな配慮 お鍋はお正月には嬉しいですね。今年は嬉しい組み合わせの発見でした。

吉兆さん>天神野口さん杦さん

2022年12月28日

祇園 木田さん

年末 恒例になってきた “祇園木田”さんの 特別メニューでお店を開けられます。
“居酒屋 木田” 30種以上のメニュの中から 好きなものを選ぶ 居酒屋スタイル。通常は 決まったコースが定番。26日から 3日間だけお知り合いのお客様にサービスとお遊びでされてました。次の年は評判になり 1週間に伸ばされ 今年は 12月ひと月間されたそうです。大変みたい。
準備するのも 注文受けてからお料理するのもタイミングが大事です。そこはご贔屓筋だから文句は出ないですが、やはり大変。“来年はもうせえへん”と言ってました木田さん ですが、どうなりますかしら? 
毎年 お知り合いに方にご招待頂き嬉しい日です。5人が好きな注文 唐墨餅 この時期の風物詩 雲子 フグぶつ
これ大根おろしでなくて なんと青りんごのおろしなのです。ムッチャ美味しくて酸っぱくなくてマイルドです。発見でした。鰻の茶碗蒸し フグの白子のフライ これも美味しい カキフライ 目の前で作る 太巻き 築地のやま幸 の鮪が入った太巻きです。松葉かにのレタスチャーハン 絶品 
“みつのか苺”とマスカルポーネアイスとのコンビ この苺の甘さ🍓ほんと蜜です。
私的には ずっと 居酒屋木田 の方が 嬉しいかもしれない。コースには 飽きてきましたね。どこも同じです。新鮮な日でした。来年もあるかしら。