和食」カテゴリーアーカイブ

2019年11月17日

祇園で豪華に!

休暇中のピーターが、京都に来られて私もお相伴させて頂きました。勿論 鈴江さん です。
“鈴江さん”の入り口の紅葉が🍁すでに色づいていて美しい。お料理も紅葉に負けず華やかです。
何と かえでのしたには コッペ蟹(香箱蟹)お刺身は明石の 雲丹と鯛と大きな赤貝 生フカヒレも特大サイズ 喉黒焼きの巣立ちは上にかけず周りに絞る 次は松葉蟹 登場 今年初の松葉蟹です。最後の松茸は相性抜群の鱧の揚げ出し 締めは 大間の鮪のお寿司と鯖寿司のちょい炙り デザートは、代白(だいしろ)柿でした。三代珍味? 蟹 フカヒレ 松茸 大間の鮪 三代どころか珍味づくしの豪華デイナーでした。二次会は 祇園桝梅 さんで芸舞妓さんが待っていてくださいます。三次会は 芸妓バー孝鶴 さんに女性軍は小きくさんも含めてワイン🍷 こんな夜ありますか?アホみたいに高いシャンパン開けて散財しているITお客さん 見習ってください。本筋の祇園遊びを!今夜もご馳走さまでした。

2019年11月10日

のぐち継(つなぐ)祇園

お待たせしました。 天神野口さんの二号店 祇園に“のぐち継”が11月7日に開店しました。本日日曜日に行ってきました。4人でカウンターと料理場を掛け持っていて、マリちゃんとチーフが変わりばんこにもてなしとお料理をしながら頑張ってます。6品とご飯 がコース 足りない方には一品で追加(アラカルト)と言うシステムです。コースは1万円と言うリーズナブルなお値段です。
まずは 雲子のお汁に焼き雲子 炙りカマス のぐち継のメイン料理 肉すい佐賀牛に小鏑 雲丹と伊勢海老 金目鯛の焼き物 海老芋と蟹餡掛け ハラミの鮭とおジャコといくらとお漬物 赤出しでご飯 自家製マカロンにコーヒー マカロンにはの文字マーク 中は餡子とチーズ美味しいでした。
追加は、自家製蟹焼売 牛肉カツサンド 自家製蕎麦 スッポン唐揚げも魅力でしたが、4個と聞いて後ほど。と思いました。コースだけでお腹いっぱいにはなります。筋肉カレーもありますが、食べきれないので また次にします。現在の所お休みは決まっていないそうです。今月中は 一回転 月末から2回転出来たら!と言われてます。野口さんはいませんが、頑張ってますよ、スタッフ一同。
二次会祇園の方達には、便利なお店です。

2019年11月08日

杦(せん) マダムの会

吉川様とマダムの会 少し早い 忘年会 を “杦(せん)”さんにあつまりました。皆さま初めてと言うことでお楽しみ。蒸し鮑と雲丹と飯蒸し 喉黒のお碗 若さぐじと雲丹 大間の鮪 絶品でした。八寸は、雲子焼き焼き松茸 イチボの胡椒いた添え 聖護院大根 フカヒレと蟹 締めは9種から なめこ蕎麦と蟹玉とじにしました。皆さまは鰻玉とじとお蕎麦でした。デザートは、フルーツと蓮持ちのきな粉かけ 抹茶 銀座の青木とか行っていらっしゃる皆さまもここの大間の鮪には絶賛でした。杉澤くん頑張ってます。リカちゃんは その場で 次の予約されてました。お昼の二時会は先月末にオープンした パークハイットにお茶をしに。私はインフルエンザの予防注射をしたせいか、熱っぽくて風の症状が出て辛くて、帰りました。ごめんなさい。その日はずっと眠りました、お陰さまで翌日は整体でリンパを整えてもらいスッキリです。予防注射も大概ですね。気を付けないと一度かかった症状になります。お気をつけてくださいませ。

2019年11月01日

天神 野口

ニューヨーク ODO さんのすぐ後は、一年前からの予約 天神野口さんです。時差ボケもなく美味しく頂きました。やはり京料理 何を頂いても美味しい。まずは平茸としめじの先付け 季節の銀杏と鮑にいくら 秋刀魚と鯛とつぶ貝(鰤が苦手なので急遽変更してくださいました) ノドグロと松茸のお碗 雲子焼きの下はすし飯 穴子と雲丹 菊の花と子持ちあゆイチボ肉と里芋 締めは松茸ラーメン デザートはわらび餅 あーやっぱり野口さんですね。完食です。次はいつかなあ?
11月7日野口 つなぐ と言う新店舗が祇園にオープンされます。また、楽しみです。気楽なお店らしいです。また、リサーチしてお知らせしますね。お楽しみに!

2019年10月30日

odo. 大堂 ニューヨーク

ニューヨークの和食店 ODO(大堂)京都 和久伝 出身のオーナーシェフです。以前は “kajitsu”と言う精進料理のお店に勤めてられましたが、今年 独立され複数のオーナーさんと立ち上げられました。まだ若いオーナー。投資家のお一人には坂本龍一さんも入っていると言う噂です。
22丁目とダウンタウンに近い場所。看板とか文字もなく番地だけが目印 通り過ぎます。ドアを開けてもスタンドバーが賑やかで暗くて一度はドアを閉めてしまいそうです。が、その奥に 静かなカウンター席が高級感を感じます。黒服のサービスやソムリエ 板前さんも5、6人。大堂さんが迎えてくださり、ホッとしました。京都天神 野口さん のご紹介で後輩です。
薄味で地元の食材しか使わないそうです。築地からわざわざ取り寄せする料理やさんも多くある中 地元産で賄うのは大変ですが頑張っています。お寿司も六巻ですが客さまの目の前で握ってくださりパフォーマンスに皆さまお喜びでした。お酒類も充実していて高級酒ばかりでした。一度機会があれば 本物和食を味わいにニューヨークにお出かけの時はお立ち寄りください。ほんと京都より美味しいです。

2019年10月20日

杦(せん) ランチ

 杦さんで ランチ。お昼も開けてくださいました。最近 京都のお料理屋さんは数年先まで予約済 なのでお昼が穴場です。でも、夜のコースでお願いしました。今回は松茸の食べ比べ。長野と京都産。京都産はキロ20万円超えだそうです。でも、長野産が香りも良く食感が良かった。杉沢さんがっかりしてました。朝から買いに行ったのに。と!綺麗な紅葉の柿の葉に鮑 生きた伊勢海老 喉黒のお碗松茸と  クエと雲丹とろも  八寸はこのこ 銀杏 いくらなど 松茸二種 伊勢海老あられ揚げ ぐじご飯にカラスミかけ 鱧卵とじ 蕨餅とお抹茶
神戸のお友達 白壁ご夫妻と杉澤さん
/>

2019年10月16日

安久さん

日本全国のお店が ミシュランの星取り合戦をしている中 早々とミシュラン戦争から退却して顧客を大事にしている“安久さん”先の長い予約は取らない主義  ご夫妻とお店の方達が今日も3回転の営業をされています。久しぶりにお誘い頂きました。
まずは、柿の胡麻和え いくら雲丹松茸の飯蒸し 豆乳と蓮持ちのお碗 伊勢海老と穂紫蘇 クエの炙りに白髪葱の揚げに銀杏子持ちあゆと翡翠なす 松茸のフライ 穴子と蕪 ステーキは超柔らかい 最後はここ自慢の鮭ご飯 と鱧まむし  デザートはイチジクアイスもなかに栗の裏ごし
あっさりしていてしっかり味と風味が超上品。変に凝らず食材を生かしたシンプルなお料理ご主人のお人柄ですね。今日は  お昼も頼まれての営業で3回転 よく頑張ります。

2019年09月11日

2度目のお誕生日お祝い

9日に続き昨日の お食事会も お誕生日お祝い をしてくださいました。ハプニングに嬉しい悲鳴。
〝鈴江〝さんのお食事だけでも十二分に嬉しいのに、皆様からお祝いしてくださり本当に感謝です。ピエールエルメのマカロンにキャンドルを立てて 舞妓さんの小花ちゃんが持ってきてくださり 鈴江さんではシャンパンを出してくださり、孝鶴さんではバースデーケーキを用意して頂き本当に幸せです。こんなに幸せカード切っても良いのかしら!と今年は思いました。ありがとうございます。 鈴江さんのお料理は
落ち鮎の番茶煮 くじの煮麺 鯛と雲丹のお刺身 タチウオと広島産の松茸 のどぐろの煮付け いくらご飯 お寿司 最後は 乾山の器に桃のお餅 9月を味わいました。ご馳走さまでした。

2019年07月21日

お誕生日前夜祭

お誕生日前夜祭は〝木田〝さんでお祝いをしてくださいました。ハスの葉を器に淡路に雲丹とキャビア 涼しげな盛り付け 大きな蒸し鮑とイチジク白芋茎 胡麻かけ 鱧のお椀 雲丹と穴子のお刺身
穴子と鮪のお寿司 太刀魚焼き物 牛肉とトマトの揚げだし ご飯はしらす丼 最後は鱧カツ
お祝いのケーキでハッピバースデー 86歳です。美佳さんと2人でいつまでもお元気で!と願っております。私はお相伴に預かりました。二次会 三次会まで!久しぶり祇園の夜満喫しました。ご馳走様でした。

2019年07月10日

おたぎ 和食

定期的に予約を入れている おたぎ さん 愛宕を辺りを おたぎ と言ったらしいです。
爽やかな入り口 なに屋さん?と思うほどシンプルで上品。
まずは、雲丹2種のジュレかけ のどぐろ揚げと冬瓜と焼きなすのお椀 白ぐじのお刺身 鱧3種 鮎の食べ比べ(安曇川と美山の鮎)私は牛肉でしたが、他の方は岩手の鴨でした。冷汁のソーメン 松茸と海老のフライ 炊きたてご飯の 卵かけご飯 卵丼もあります。お隣の方は3種召し上がってもう一度卵かけご飯 食べてました。デザートは餡プリン あっさりした味付けなので全て残さずよばれました!次回は秋ですね。爽やかな おたぎご夫婦です。清潔感いっぱい。