カテゴリー別アーカイブ: 和食

2017年07月28日

楽しくて長い夜 

〝家人〝のお誕生日会  2回目。野口ご夫妻が、お誕生日のお祝いを 祇園 木田 さん。ご紹介を受けました。木田さんは、去年の6月開店されて、ちょうど一周年。私達も一年ぶりです。今日のお料理は、美佳さんからの特別メニュー。鰻 鮎 雲丹など、〝家人〝の好みが満載です。鮎は、一時間かけてゆっくりと焼き上げる。結構なサイズにも関わらず、頭から全て骨が触らず食べました。脂ものって美味しい。このような焼き方あるのですね。技術。蓮の葉には 鱧 蓴菜 茗荷 夏らしい演出も。ロゼシャンパンで乾杯から ワイン ビール 焼酎とお酒も進みました。チーズケーキのバースデイケーキでお祝い。二次会は、祇園の人気芸妓 豆千鶴さんのバー 光貴 ここでもシャンパン、マンゴーが大きいケーキで再度お祝いしました。三次会は、毎年恒例の、流しそうめんをしている バーかさいに、各お店の配慮で、心使いを受けました。ありがとうございます。来年もお祝い出来ますように。一年づつが大切な年になってきましたね。

2017年07月02日

鮎 平野屋

夏の訪れを告げる 風物詩 鮎です。お店からお提灯が届くと 鮎食べごろですよ。の合図です。梅雨の合間 平野屋さんは、嵐山の山間にあるので雨が心配ですが、お天気に恵まれて爽やかな夕暮れにお邪魔しました。 緑の香りが目にも体にも優しく感じます。茅葺の屋根に毛氈を引いた床几が風情を醸し出して京都やなあ。市内から30分ほどの車の時間でこの雰囲気が味わえます。

お料理は、ナスの胡麻和え山椒風味  バタバタと今救った鯉の洗い  鮎の塩焼きは炭火で焼いた香ばしい香りが、山菜の八寸 お代わりの鮎の塩焼き、鮎のお粥 辛子豆腐  鮎の天ぷら でした。以前は、もっと何回も鮎のお代わりをしてましたが、年と共に量が減ってきました。

でも、塩焼き お粥 天ぷら 六匹は頂きました。以前?十二匹くらいよばれてました。〝家人〝などは20匹ほどでしたが、2人とも減りましたなあ  と女将さんと昔話してました。でも、2,3年前のことですけど!

今年も  相変わらず  毎年同じ物が 同じ季節に食べられること が健康な証拠です。有り難く感謝しております。女将さんも喜んでくださり嬉しい夜でした。

2017年06月08日

鈴江さん

予約困難 高級すぎて?と言う評判の 鈴江さん。嬉しいことにお誘いを受けました。女子3人とご一緒に。6時でも明るく、白川沿いの道を少し歩いてお玄関に。新緑が爽やかすぎます。まずは、淡路赤ウニ、甘さとコクがたっぷりの濃厚ウニ。お刺身は あこう鯛と鯨の尾の身 珍しい珍味です。出ました鮑 大きなサイズに分厚い 噛み応えと中からのジューシーな味 賀茂茄子揚げと。焼き物は目の前で、多さなサイズの今が旬の鳥貝 サッと炙ってお塩で ハモもサッと炙って酢橘で。何枚もの鳥貝に大満足 オコゼの煮付けも、染み込んだ味があっさりの口当たり 締めのご飯は 富山の毛ガニ 毛ガニは北海道の認識が消えました。凄い食材でした。ムッチャ嬉しいご招待でした。最後のデザートは、マンゴのお餅 乾山の器で。贅沢。何と 二次会は、祇園枡梅さんへ。節分以来の訪問。女将さんとも久しぶりにお目にかかり、小花ちゃん 小喜美さんと楽しく祇園の話題を。夜が更けるのは分からないお座敷でした。あー楽しい祇園町。辞められませんね。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年05月25日

ハワイのいずみさん

ホノルルでいつもお世話になっている、エステシャンのいずみさん。ミーテイングと取材のため日本に来られました。神戸での打ち合わせの前日1日だけ、京都にも立ち寄られ、ご一緒にランチを楽しみました。京都のお食事処の予約は最近難しくて、三ヶ月待ちとか半年前とかで中々取れないのです。久しぶりに 花吉兆さんに。会席コースでしたが、本当にシンプル過ぎてインパクトなさ過ぎです。最近は、結構凝ったお料理が多いのでシンプルなのも嬉しいですが、余りにも昔風、ちょっと違うかも、お値打ち感がなかったのが残念でした。吉兆は昔からお料理の先取りと言うか、フォアグラを キャビア など最初に試みたお料理やさんでしたが、他のお店が進んで来たので追いつかなくてシンプルに戻したのかしら。お客様の好み 我儘はどめどなく無い物ねだりになりますね。お口直しにと言うか、お茶をしに、ZENカフェに。鍵善さんの分店です。有名な葛きりはなくて、特別メニューだけ。静かでゆっくり出来るカフェです。教えたくない場所の一つです。カフェオーレを頼むと、こんな風に。

(null)

(null)

2017年05月19日

祇園楽味

25年ぶりに懐かしい方からの突然のお電話。ハワイでずっと胃腸カメラのお世話になっていた(現在はリタイアされている)お医者様のお嬢様のケイコさん。今は、サンフランシスコでファイナンシャルのお仕事をされている。10日間の休暇で京都にも5日感滞在されていました。お食事をご一緒。祇園楽味さんにご案内ご案内。スターバックスで待ち合わせしたところ、やって来たのは、自転車で。驚きました。伏見稲荷までも、京都中自転車で🚲移動されているらしいらしい。3人で清水の一軒家を借りている民泊。すごく安くてホテルの価格は問題です。と言ってました。お食事は、食材や調理を選べるので食の細いKEIKOさんには便利。生のお魚を目の前に新鮮さと種類の多さに驚き‼️毛蟹 トロ 雲丹 など少しずつ食べられるのも嬉しい。伊勢海老のシャンパンと白味噌仕立て コーン揚げ物 はたの煮付け 締めは、スッポン仕立てのラーメン カラスミの焼きおにぎり もう満腹しました。KEIKOさんはまた、自転車で清水に帰って行かれました。明日は、群馬県の温泉に♨️行くとか。7人グループ3名は肉好き 3名は超ベジタリアン おうどん屋さんのお出汁も鰹出汁なのでNGとか。WIーFIは、今日街中では通じず不便だとぼやいていました。気をつけて楽しんでくださいね。25年ぶりの会話に花が咲きました。

(null)

(null)

(null)

2017年05月14日

比良山荘で花山椒と熊

🐻熊鍋がひと段落した3月。花山椒と共に熊鍋がが復活しました。四月中旬から五月中旬までのひと月。今日で今年の熊が終わりだそうです。花山椒も私が買ってくるのとは大違いの綺麗な花です。ピリッと感も上品。春山菜とのお鍋も新鮮です。クレソン せり 木の芽 名残の筍 甘いお出汁で頂きました。お鍋までのお料理も 春山菜と鯉 鹿の肉 うるい 山葵 人参の葉 イタドリ こごみなどなど、鰻の白焼きも脂タップリ 稚鮎も美味しい。今日の締めは 豆ご飯。一時からのお食事が終わったのは四時でした。夜ご飯はもう、食べられない。帰りに立ち寄った 志野 で買った おはぎで夕食代わり。新緑の優しい景色の中のドライブも目にも体にもいい気持ちでした。素敵な日曜日。

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年04月20日

喜心 和食?

四月一日 都をどりの幕開けとともに 開店した 〝喜心〝 花見小路から西へ入った場所 花とうろうホテル祇園 20室のプチホテルが新しくオープンしました 一階に お店が!歩いていると 可愛い女子がランチしてます。中東の三男のプロデュースです。 と言うのが引っかかり 入ることにしました。カウンターと後ろに6人テーブル。板前さん?シェフ?2人に女子が。中東のプロデュースとあって プチおくどうさんもあり、炊きたてご飯とめざしが売りです。まずは、湯葉の突き出し お汁は 3種からのチョイス トマトベースのポトフ 海鮮お汁 白味噌仕立ての豚汁 今回は京都白味噌を選びました。
白味噌は麹の味が強くて本来の白味噌とは違います。豚汁と言うことで豚肉がたっぷり 中勢以の豚肉 大根と人参 お漬物 めざしが二匹 2700円
朝とお昼のメニューです。ご飯は炊きたてで美味しく頂きましたが、豚汁でお腹を膨らすのか量がタップリですが、味はイマイチでした。このホテルのお客様目当てか?料理屋さんとして目指すのか?2700円が安いのか?高いのか?もう少し満足感のあるメニューが祇園辺りでもあるようです。和久伝の丹 もう少しお値打ちだったと思うけど!夜は シェアキッチン としてNYからシェフが来て、日本酒に合ったお料理が出ると言う形態。一品料理でお酒のあてっぽいお料理がです。半年ごとに フランス イタリアのシェフがくると言う 楽しみな趣向があるらしいです。もう少し落ち着いたら また覗いてみますね。

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年04月07日

天神野口さん

学院祭初日 作品を見た後全国からのお友達と会いご挨拶をしたり楽しい時間を過ごした後は、親しい方達と 天神野口さんに お食事に行きました。小雨が降る京都の町。北野天神近くは、うっすらと夕暮れお提灯の火が情緒をかもし出します。まずは、鮑と赤貝 イクラのジュレ掛け 金目鯛の炙りと桜鯛 サヨリのお刺身 旬の蛤と筍 のどぐろの蒸し寿司 牛肉ニガリ春野菜の煮付け 白魚 白アスパラ 鯨ベーコンと雲丹の上に卵黄かけ 最後は私は、カワハギの肝あえ丼でしたが、他の方は、ぐじとワラビと筍御飯でした。水羊羹に道明寺粉の桜風味の甘味と抹茶 あー美味しい。次回の野口さんは、半年後の予約。んー待てないですが。だんだん遠のく野口さんです。

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年03月09日

比良山荘

今季は初めてお邪魔しました。京都も寒い日でしたが、滋賀県に入るとまだ深い雪が残っていて、霙まじりの雨が降っていました。まだまだ冬の景色です。比良山荘不麓の比良山は、雪とガスでグレー色に染まり寒さが増すようです。でも、絵画のような世界に入り込んだように神秘な空気が漂っています。この地に住んでいる方の楽しみはなんだろうとか、お買い物は何処に行くのかしら?何て考えます。ご夫妻に迎えられ暖かなお座敷で どくだみ茶を頂きホッとしました。3月20日過ぎまでという 月鍋(熊)🐻本当に美味しくて、コラーゲンタップリ。地元の山菜も美味しく芹の根 行者ニンニクなども美味しい。熊のローストや焼肉 お鍋の他に工夫を。最後に 猪鍋も2枚ほど頂きました。噛み応えはありますが、やっぱり熊にはかないません。個人的には、猪いらないかあ、とも思いました。春は山菜料理 花山椒と熊肉のお鍋も絶品とか。是非とも賞味したいものです。ご一緒した さえちゃん 熊肉見て、何回も 油 油 油 と言い続けていましたが、ご主人が、油身とは言わずうちでは、白身と言います。とか!でも、さえちゃん、食して見たら、驚きの顔‼️進みますよね。また、来たいです。と 虜になりました。帰りの道は、真っ暗。街灯もなくカーブの帰り道。でもまた来ますね。

lhttp://c-kiriki.com/blog/wp-content/uploads/2017/03/img_2078.jpg” alt=”(null)” class=”alignnone size-full” />

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

2017年03月02日

祇園 楽味

KOKOさんが京都に2年ぶりに来られて ご一緒に楽味さんに寄せて頂きました。今日は、祇園かさいの誠ママのお誕生日 4人でご一緒に!食材が豊富な楽味さん。もう、食べたいのもばかり。タチウオ 毛ガニ 鰆のスモーク 鮪 イカ雲丹 赤貝 ぐじ 鮑 んー選べない。後は、鰻 桜エビのかき揚げ 焼き蛤 スッポンの唐揚げ 金目鯛の煮付け 鯖寿司一切れ 最後は私に定番 スッポンスープの煮麺 わらび餅もずんだ粉で美味しかったです。好きなものを別々に頂ける贅沢なお料理です。KOKOさんも さすがに京都!と絶賛でした。

(null)

(null)

(null)