和食」カテゴリーアーカイブ

2020年07月08日

杦さん

またまた 杦さん コースでないのが嬉しいお店です。最近は コース料理が多くて食べ切れないのです。歳をとりました。入ったお玄関では、懐かしい 氷柱 ご存知ですか?エアコンのない時代 お料理やさんでは、涼を取るため 目から涼む と言う趣向を凝らしてました。お座敷の四隅には 氷柱が 少しは涼しく感じますが 、粋なしつらえです。流石に 和久伝さんご出身。お料理は 
祇園祭の長刀鉾の器 中には大きな鮑 今年はコロナ禍で祇園祭の鉾建ても中止 杦さんで鉾に会えました。卵豆腐のお碗 次も八坂神社の 蘇民将来子孫也 と竹の器に八寸が!トウモロコシのムースに鱧焼き 白づいき タコ この子焼き もう今年最後の舞鶴の鳥貝 冷しゃぶ 締めはやっぱりウナ玉丼 丁度良い加減のお腹具合。あーやっぱり美味しい。

2020年07月04日

瓢亭の朝粥

ココちゃんが翌日 時間があるので ご一緒に朝ごはん。と言うことで 久しぶりにこの時期ならではの 瓢亭の朝粥 本館に行きました。 別館では年中朝粥がありますがこれテーブル席。 本館はお茶室になっていて風情と格が全然違います。本館の朝粥は、7月1日から8月末までの期間限定 例年予約が多すぎて中々いけないのですが、ラッキーにも今日は予約が出来て 丁度京都に来ていた 薫ちゃんもお誘いしました。ココちゃんと薫ちゃん 面識はないのですが、年齢も近いし直ぐに意気投合。お玄関では 女将さんもお出迎えしてくださり 苔の綺麗な石畳の通路を通ってお座敷に!
瓢亭さんらしく 瓢箪の三段器にはお料理が三種 名物の瓢亭卵もさすがに美味しく頂きました。鮎も出てきて朝から興奮して ココちゃんは 冷酒を所望されました。さすが酒豪です。帰りは小雨模様 中居さんが“どうぞ”と差し出されたのは 笠 でした。なんて風情のある! 皆さん感激で大喜びです。時代劇のようなシーンでした。時々寄せて頂くのも良いですね。京都にはこんな素敵な文化が引き継がれているのだと 改めて認識しました。大切に継がれて欲しいです。

2020年06月15日

料理屋 前川

祇園ささ木さんにトップシェフとしていらして この度独立された 前川さん。6月4日 この時期に新規開店?と思われそうですが、常連さんに来てもらえる良い機会かと思います。
松原通りの西木屋町 お世辞にも良い場所 とは言えないですが、中々風情あるお店です。
長崎ご出身の前川さん まずは ジュンサイと長崎のイカとうに 鮎焼きと唐揚げ 胡瓜酢で 
甘鯛とふきのお碗 鱧 手巻き寿司は本鮪で 真鯵は下のお味噌で トウモロコシの茶碗蒸し 時知らずとホワイトアスパラ 鮑の肝グツグツ煮 締めのご飯 季節の豆ご飯と新生姜ご飯とはらみ焼き2種 デザートはパイナップルと大好きなエバーミルクが入ったスウィーツ 安野芋とクッキーキャラメルソースと 何気なく 水出し珈琲が!嬉しい。いっせいスタートです。食材もお味も間違いなし、最近は濃い味が多いですが、薄味で安心。間違いのないお店です。今のところ一回転なので予約に余裕があり 行きどきです。で お値段が 15000円 お値打ちです。前川さんの見た目キャラとは良い意味期待裏切る 優しいお料理でした。失礼。これから期待のお店です。

2020年06月06日

杦(せん)

1日1客又は2組を調整している “杦”さん 人数が微妙ですが、今日は四人 カウンターなので 
クラスターにもならず、前に人がいるわけでもなく 綺麗な女将さんとのお話が楽しいです。 
お玄関入り口には “茅の輪”が設えてあり やはり 和久伝 出身が感じられます。
先月に 菖蒲に変わり 今回は紫陽花 氷の 氷室 の中は 水無月と雲丹  鳥貝炙りは 私のリクエスト 鱧も炙りで!髭とうもろこしと青豆の揚げ物 蟹しんじょうのお碗 鮎の焼き物 鳥貝と若狭もずくと黄韮のお鍋 すだちそば 鰻の玉とじご飯 マンゴーとシャーベット 
最後のご飯、は5品から選べるので助かります。分量も少なめとか大盛りとか。まだまだ お客様も人数制限と地方の方は出にくいので、お商売としては難しそうです。でも、京都近辺の方は、今がいきどきです。人数制限 これ嬉しい。これからもこの方がよいけど、採算合わないですよね。



2020年05月30日

杦さんのテイクアウト お鍋

杦さんに お持ち帰りの “ちらし寿司”をお願いしましたら これまだ絶品 全ての生魚に味がついていて お醤油がいらないのです。鮑までも。味も濃くなくてそのまま食べて美味しい。毎日でも食べたい逸品です。無理なお願いを聞いてくださり何回もリピートしてます。お知り合いにお勧めしたら、連日注文したそうです。お寿司やさんではありえない味付けちらし寿司、お料理やさんとお寿司やさんの違いが分かります。 
家お鍋 季節の今が旬 鳥貝が入ったお鍋。 ぐじと海老と宮津の鳥貝 ぷりぷりです。肉厚で食べ応え抜群。テイクアウトなのでお豆腐を厚揚げに、湯葉 生麩 など。お出汁もあっさりポン酢も美味しい もう一つお勧めは、麹明太子 甘くて白ごはんには最適。なんでも聞いてくださるので嬉しい。次は楽しみ。

2020年05月29日

天神 野口

贅沢ですが、先月に続き 天神野口さんに行きました。たまたま 予約が続きました。ずっと休まずに営業されていました。その間にも テイクアウトもされました。クタクタです。と嬉しい悲鳴。
祇園でなくてよかった。場所が離れているので 周りに気遣うことなく営業されていました。どこがプラスになるのかわからないですね。自前のアクリル衝立を持参しました。お隣の方にお断りして置かせて頂きました。かえって喜んで頂きました。
まずは 甘海老と毛蟹のキャビアと穂紫蘇 さっぱりと。お刺身はカツオのたたきと宮津の鳥貝 油目のお碗に蓴菜と焼きなす お楽しみお寿司は 鮨飯に鮎の唐揚げ巻き 丸かぶり 夏野菜の胡麻酢 フカヒレ餡掛けで イカ昆布締めと雲丹 ローストビーフとクレソン山椒タレで、コーン揚げ 
締めは 和風ラーメンとお蕎麦でした。今夜も2ラウンド お二階まで満席でした。次回は、秋まで待ちます。キャンセ出たらと お願いしました。ご馳走さまでした。

2020年04月25日

杦(せん)

ここのところ 夕食が濃い味続き 深夜にお水を飲むのが習慣になってました。“家人”も珍しく数日エビアンの空ボトルが置いてあります。 杦さんに寄せてもらい、心配していたクラスタも二人だけで安心しました。他のお客様予約後 当日に来なかったのです。このようなこと最近多いみたいです。前日の確認が大切ですね。季節のお花 菖蒲を乗せたお膳 すっかり新緑です。先取りが嬉しい季節感。毛蟹のゼリー寄せ 鳥貝の炙り 春野菜と揚げたぐじの餡掛け 筍とふきの木の芽和え 花山椒とお肉のお鍋 最後はうなぎの玉とじ丼 アラカルトで注文させてくださるので嬉しいですね。お腹具合もちょうどいい、今夜はお水いらずです。やっぱり 杦さん 京都の味ですね。段々と味が濃くなリ量が多い 京都の和食ですが、こちらは安心。年配者に販売 ええ具合 です。

2020年04月22日

祇園楽味 テイクアウト

祇園楽味さん 祇園佐々木さんの別店 営業はされてますが、15日からテイクアウトを始められました。家でいただくので注文しました。綺麗なちらし寿司とお料理 楽味弁当(4500円) 太巻きと鯖寿司とおいなりさんとお蕎麦の助六弁当(3500円) の2種 別にお願いしてますスッポンのお鍋のお持ち帰り。豪華な夕食です。洗い物もしなくて良いので楽です。でも、お弁当の味は濃い味で夜は喉が渇きます。最近濃い味が苦手 家の味が薄くなってます。味覚障害?と思ったらお友達も濃い味。と言われたのでホッとしました。よかった。便利なテイクアウトです。次はどこさんにしようかなあ!

2020年04月20日

花山椒のお鍋

日曜日 お知り合いの方から嬉しいお届け物 花吉兆さんの季節限定 花山椒鍋
一年のうち 1週間だけ味わえる季節の味 花山椒 関東の方では市場でも品薄 と聞いてます。京都では結構高級スーパーでも売っていて お掃除が大変です。こんな綺麗に取り除くなんて、指先ヒリヒリ痺れますよ。さすがに高級お料理やさんです。牛肉と花山椒と筍 薇 お出汁もついていて卵で味を調節 関西にしては少し濃い味でしたが、数倍に薄めました。味醂も足して好みに!
家で高級料亭の味 超素敵なお届け物 ありがとうございました。洒落た贈り物です。

2020年04月17日

和食 鈴江さん

数ヶ月前から予約をしていた 鈴江さん このお店は お店のご主人がご自信で登録しているお客様の電話番号しか出ないのです。永年のお付き合いで私もお仲間に入れていただいてます。
お知り合いの一月遅れのお誕生日のお食事に行きました。ちょうど 私たちひと組だけで、貸切状態ラッキーでした。食材が新鮮で分量もちょうど良い加減 品数も多くなくてぴったりです。
まずは 稚鮎のフライ 桜鯛の薄作りといかった赤貝がグリグリの食感 大きな蛤と春キャベツのお碗 穴子の生と椿の葉 少しあぶってお塩かポン酢で 山城竹の子はぐじの揚げたのと ご飯は 鯛ご飯に筍 出ました いちご餅🍓 乾山のお皿と ゆっくりしたお食事会でした。3人でのんびりとお話も出来た夜でした。翌日は 満席で10名とか。横の幅取るの大変です。鈴江さん ご馳走さまでした。