祇園」カテゴリーアーカイブ

2020年10月21日

小花ちゃんの襟変え

祇園甲部 舞妓 小花ちゃんが 惜しいけど芸妓さんになります。舞妓最後の髪型 “朔笄”というおまげを結います。黒紋付きを着て 地唄“黒髪”を舞います。最高に綺麗で色っぽい雰囲気を醸し出します。子供から大人に変わる短い期間です。少女から女性ですね。ンー震えますよ。舞も上手できっちりと舞われてお歯黒をしているのも色っぽいですね。この期間にお座敷に行けたこと感謝です。二次会も芸妓さん達とご一緒に “孝鶴”さんに。暇や暇や と言いながら 毎日盛況のお店です。現役芸妓さんのお店は繁盛です。不況どこ?楽しくお祝いできました。小花ちゃん 芸妓姿楽しみです。

2020年09月27日

二次会は 祇園桝梅さん。 コロナ禍 祇園も暇です。芸舞妓さんも、若い方は忙しいですが、ご年配の妓は家でごゆっくりです。ケーキで再度お祝いして頂きました。舞妓さんの 小花ちゃん 一番人気の可愛い舞妓さんです。が そろそろ 襟変え(舞妓から芸妓になること)来月の10月には芸妓に!いつまでも似合うと思うのですが、やはり次のステップに昇格です。次に小花ちゃんに会う時は 芸妓姿のお姉さんになってるのですね。粋に綺麗な妓になるのでしょうね。楽しみです。
まめ藤さんの わしが在所 小花ちゃんと二人で 祇園小唄 地方さんは(お三味線の芸妓さん)は
だん満さん 桝梅さんのお座敷の舞台に映えます。来月は 小花ちゃんの 黒髪 を見に寄せて頂かないと。この時代でも 祇園のお茶屋もお客様も揺れません。これこそが、祇園なのです。贅沢な夜でした。

2020年09月16日

祇園花見小路 観光客に


こんな立て看板が今年初めに立ってました。写真写すの見つかれば誰が1万円受け取るのか?どこに払うのか?何方が管理しているのか?なーんにも決まってないうちに立ち消えになってました。ら、
また こんなものが出来てます。
祇園のお約束 なんて!誰が注意するのか?下手にすると怖いよ!こんなの見て止める人ないけど!誰が決めはんのんやろな!不思議な街どすなあ!どこがお金払ってんのやろ!京都市?効き目ないけど!

2020年07月09日

祇園舞妓コロナ ショックです

凄ーいショックです。 いつかは出るかもしれない。と誰もが思ってはいましたが、祇園甲部から。だとは驚きです。先月末に聞いてはいましたが、内密に!とのおふれで祇園からは出なかったです。が、ついに7日TVのニュースに出ました。祇園の噂は絶対に外には漏れない。と言うのは昔の話になりましたね。舞妓さんたちも回復してまた、頑張って欲しいですが、お客様に影響があると お茶屋さんもお気の毒です。こんな噂の中、足を運びたくないですよね。でも暇なこの時期 少人数のお遊びは安全なので きて下さいね。祇園の中の噂は、週刊誌に出るのは半年遅い!ってよく笑ってました。冗談で 聞きにきたら教えてあげるのに!今頃何を!ってな調子でお稽古場で話してました。聞きにきても 誰も漏らさないですが、絶対に!これが祇園の掟です。祇園のことは祇園の中で!
でも、コロナは隠せないので仕方がないですね。気をつけましょう。
ニュースも祇園のことを、しっかり調べて正確に伝えて下さいね。祇園と先斗町とか間違えないように!お願いします。

2020年05月08日

祇園 花見小路

緊急事態宣言のGW 京都四条通り 祇園花見小路は車は勿論 人もかき分けて通るほどの賑わいの街でした。今年のGWは、この通りです。お昼も夜も だあれもいない通りになりました。芸舞妓さんはどこに行ったのでしょうか?若い妓はお里帰り、年配の妓は、行くあてもなくランチにひっそり少人数で出かけたりマスクを作ったりと身の置き場がないようです。お客様のお誘いはないことはないのですが、この時期 もし、コロナにでもかかれば言い訳できないので、仕方なくお篭りです。
6月1日からは一応スタンバイの予定ですが、宴会はなく 少人数のお客様からの接客になりますかしら?甲部の組合の判断も難しいですね。いつになれば元通りになるのかしら。寂しいです。

2020年04月11日

祇園甲部 臨時休業

京都祇園甲部組合は 外出禁止令出ならず 臨時休業を お茶屋 置屋さんに発令しました。芸舞妓さんは置屋滞在ではなくて、お里に帰るように要望しました。芸舞妓さんからコロナが出ると後々の風評も大変ですし、お客様にうつすともっと大変なので、早い決断に踏み切ったようですが、決定ではなくゆるーいお願いです。どうして日本人気質ってこうなんでしょうね。忖度が多すぎます。気を使いすぎ?いえいえ ええ顔しすぎなのです。祇園町 今 こんなんです。人一人もいなくなりました。そして誰もいなくなった。恐っ!一応 5月6日までです。

2020年03月31日

祇園花見小路

中国人観光客でいっぱいだった 祇園花見小路 が懐かしい気がします。数年こんな景色から離れていたので昔に帰ったようです。お昼間は 祇園に用事のある方(ご用聞きさん他) たまに日本人の観光客だった平和な街でした。が 通りのお店もガラガラで、いつもは行列できている食べ物屋さんやお土産物屋 カフェはお気の毒です。昨日 東京は 夜間の飲食 酒店などの自粛令が出て お知り合いの銀座のクラブなどは、すでに2週間休業です。銀座からもコロナ感染者が出たそうで、営業できないのです。京都もボツボツそう言う状況がやって来るかもしれないです。足元から来る恐怖 まるでホラー映画みたいです。気をつけましょう!昨日 私の家に お花の訪問販売が来ました。用心に越したことないですね。

2020年03月05日

都をどり 中止

令和初の “都をどり”が 公演中止になりました。祇園町も 苦渋の決断かと思いますが、コロナウィルス感染危機の今、公演途中で辞めるより早い決断をされたようです。今まで大変なお稽古をされた芸舞妓さんたちは ほっとしたようながっかりしたような 複雑な気分かと思います。また、今秋又は来年?開催?
とりあえず今は、世の中が被害少なく治るのを待つばかりです。日本人の優しい忖度の心が 決断を遅らせて世界から取り残されないのを祈るばかりです。京都は観光客も減って 地元の方ばかりの静かで平和な日々が続いていますが、これからの経済効果を考えると 祇園町にお客様が1日も早く戻って来られることを願います。“都をどりは ヨーイヤサー”が、聞ける日が早く戻って来ますように!

2020年02月27日

祇園 竹葉さん

祇園の芸妓のレジェント 私達の憧れのお姉さん芸妓 竹葉さんが85歳で 先日亡くなられた。昨日告別式が行われました。参列者は女性ばかり。少しばかりの男性は お師匠さまやお料理屋のご主人 女性の街特有の特殊な告別式でした。空気が清らかで薄い感じ。清楚で音も香りもなく森の中で行われたような葬儀でした。こんなお葬式ないですよ。ほんと不謹慎ですが、お見せしたいような清潔で上品な葬儀でした。お花は 歌舞伎役者さんの名前だけ!これも特殊ですね。今までのご贔屓のお付き合いある役者さんの証明です。ここは華やかです。お参りは 舞妓 芸妓 お茶屋の女将さんと女性ばかりで、全て黒の喪服(着物)素敵な最後のお見送りです。祇園の一流芸妓さんにふさわしい最後でした。祇園から一つ灯が消えました。  やすらかに!  合掌

2020年02月12日

お初釜2020 嵐山吉兆

毎年の お初釜 嵐山吉兆 さんです。 嵐山もコロナのせいで中国人観光客が減ったとニュースで見ましたが何の何の 人でいっぱいです。信号は3回ほど待たないと通れない。時間に遅れそうでした。12時からの 濃茶席には30人以上の方が集まり時間がかかりました。お食事も遅れて終了は4時半過ぎ 楽しい時間でした。毎年お人が増えて嬉しい悲鳴です。
お料理の器もさすが、吉兆さん。ネズミ年の干支の器は 12年前のと今年の器とが融合。後12年後にまだ出番待ちです。焙烙割りには 干支の方 12歳の方から72歳まで 勢い良く割られてました。最後にご飯は 牛肉とネギご飯 コンビネーションが良いです。白ごはんも合いますが、さすがに一流の料亭の組み合わせです。祇園のOBのお姉さん方と並びました。あっという間のひと時 今年もお稽古励みます。