カテゴリー別アーカイブ: 祇園

2018年01月14日

井上かづ子師 新年会

井上流のお師匠様 かづ子おっしょさん。祇園町のお弟子さんと祇園町の名取OGとお町のお弟子さんと合同の新年会。昨年も大雪でした。今年も雪が積もっています。その上に 京都女子駅伝の日。今回は、高台寺 土井 超高級料亭が移転して祇園町の近く 新門前という場所に新しくオープンされました。気軽にランチもされてるので、会場になりました。
ナマコと春菊のお突き出し カレイといかお刺身 松花堂のようなギッシリ詰まったお料理 白味噌のお汁とご飯でした。飲み物付きで、祇園料金(特別)6000円でした。
かづ子師は今年満で90歳 現役の師匠です。もう辞めようと思うの と言われるのを、全員で あきまへん、ずっと続けとくれやす。 とお願いしました。来年もお元気でいとうくれやす。帰りはキッチリ駅伝の通行止めに引っかかりました。

2018年01月07日

祇園甲部 始業式

今年も7日 祇園甲部八坂女紅場学園の始業式が始まりました。
芸舞妓さん勢揃い。黒の紋付 正装です。
豪華に孝鶴さんが、周りに芸妓さんに囲まれて、お大尽気分です。
リッチな気分!こんなに集めたらいくらくらいかかるのかなあ?
今年のお茶屋さん売り上げ一等賞は、やはりくじ取らずの一力さん
二等賞は、桝梅さん 三等賞 富美代さん さすがです。
芸舞妓さんは 一等賞 紗月さん
でした。こちらも根強い人気です。
祇園の誓いを斉唱して、井上八千代家元の舞を拝見して終わります。
報道陣のサービスのような行事ですけど、身が引き締まりますね。
今年も祇園バブリーでありますように。

2018年01月06日

祇園バーかさい

かさいは年中無休で頑張ってました。大晦日も元旦も。今年から、皆様と同様に 元旦から四日間お休みを頂き、昨日5日から営業しております。今日からの連休も営業です。どうぞお越しくださいませ。お待ちしております。
お正月のお花を見に来てくださいね!

2017年12月29日

祇園 万ji

マンジと読みます。昔万治さんという炭屋さんだったそうです。お嬢さんがカフェを。花見小路一本西に入った通り。町家そのまんま、お茶屋さんの建物ではないですが、小さなお庭も有り、ケーキ🍰も美味しかったです。モンブラン、和栗の味が出ていて、今風の有名なケーキ店よりはいけました。シュートケーキも何故か丸型。中にイチゴと求肥が入っていて美味しい。ロイヤルミルクティーも十分な味。セットで、1700円は少し高いかも!まだ慣れてないのか段取り悪くて 何か殺風景な感じがするのは何かしら?
お菓子半分づつしたので、綺麗に撮れなくてごめんなさい。

2017年12月29日

2017年12月04日

京都 顔見世 祇園町の総見

今年も12月を迎えました。南座が耐震工事のため今年は、ロームシアターでの興行です。中村芝翫さんとご子息3人の襲名です。今日は、祇園町の芸舞妓さんの総見と重なり、メデイアが朝から押し寄せていました。まだ、あ知り合いの芸舞妓さんも多くご挨拶をして下さり華やかなロビーでした。ロームシアターの桟敷席は二階なので、お客様からは離れていますが、見渡せて綺麗です。舞台も演目の中に口上もあり、東京の役者さんらしい明るくて花のある演目でした。私も12月しか出来ない
クリスマスのリースの帯を締めて行きました。着物は季節感が楽しめるので嬉しいです。来年は、南座で開催されそうです。また、違う雰囲気が期待できそうです。
舞妓さんの写真を撮ってはいけないそうです。私の特権ですかね。

2017年12月01日

割烹 鈴江

秋も深まる夜 ピーターとご一緒に 京都でも 超レアな と言うより 超高級な割烹 鈴江 さんにご招待頂きました。 もうもう、口には出して言えないくらい豪華な食材ととろけそうなほど完璧なお味でした。今は、日本一 かも!しつらえとかパフォーマンスはなくて食で勝負です。でも、自前では無理!ピーターも東京からわざわざ!
香箱蟹 解禁直後です。盛り盛りの蟹 京都では せこがにとかコッペ蟹と言います。
お刺身は、雲丹 鯛 赤貝 私はうす造りにしてくださいました。嬉しい!フカヒレも一枚豪華な蓋物の器に、鳳凰絵図です。焼き物は今年最後の 京都丹波松茸 と琵琶湖の諸子 酢橘だけでいただくと甘味が増します。ヒペリカムの枝を添えて出すのが憎い!松茸のサイズがお伝えできないのが残念。軸を握って傘と下に5センチほど出ます。諸子も超貴重なお魚です。のどぐろはお椀で甘く整えた煮物です。最後は、またままた蟹ご飯。ご飯より蟹が多いと言う贅沢。アッサリとすっぽんのお汁と。数少なくちょうど良い量加減。超贅沢なお食事でした。
ご一緒の、キミちゃん恵子さん も大満足。社長ご馳走さまでした。 で、二次会は祇園へ!夜は長いですね。豪華な一夜です。次もあるのかなあ?厚かまし過ぎますか?

2017年12月01日

祇園 桝梅

2017年10月06日

祇園コーナー

京都祇園甲部歌舞練場の左側の建物の中に、祇園コーナーと言う 外人さん用に、舞妓さんや文楽 狂言  お茶 生け花 お琴 和文化をショーにまとめて1時間で見られるコーナーです。10月2日は中国の連休で、立ち見が出るほど満席でした。 今月から池坊のお花の担当者が一変して、30歳代の若い方になりました。ほかの方と比べて、まるでお雛様のようでした。外人さんもやはり若い綺麗な方の方が好きです。写真撮っていました。 勿論、日本人のお客様も歓迎ですので、是非とも行ってください。

2017年09月30日

祇園 温習会  大ざらえ

秋の温習会が、10月1日から6日まで 開催されます。今回は、都をどり がありました  春秋座 で行われます。北白川通りの京都造形大学です。お間違えのないようにお願いします。チケットは8500円  午後四時開演です。温習会は、一回公演なので、早くチケットをお求めください。明日からの本番に備えて、準備万端。大ざらえ(最終の舞台稽古)が、大詰めです。若い芸妓さんは、ずらりと並び、最後の演目に出ます。 新曲浦島 と嵐山 3組ありますが、どの組を見ても、20歳から27,8までの若い芸妓さんばかりです。ベテランのお上手なお姉さんがたも良いですが、若い妓の中から今後の卵を見つけて応援するのも楽しみの一つです。お待ちしております。会場のお客様も、中々粋な方ばかり、都をどりとは少し違う雰囲気を楽しんでください。