カテゴリー別アーカイブ: 祇園

2018年10月07日

祇園山口 イタリアン

紹介制のイタリアン 祇園山口 さんに、温習会の後 寄せて頂きました。満席とあってお二階の個室でゆっくりとお話しもできて、ゆっくり頂きました。
ガラスの蓋に柚子が、香りを楽しんでお料理に続きます。。松茸と雲丹ジュレのソース 甘鯛のお刺身をかぶらのムースと一緒に薄切りかかぶらに包んで、キャビアと共に。黒イチヂク煮にフォアグラと蕎麦の実 香ばしい味わいです。三輪ソーメンのパスタを鮎の出汁でサラッと口当たりが爽やか。続いて温パスタ毛ガニと菊の風味が秋を アワビのステーキと松茸のリゾット ステーキは40gにしてくださいました。熟成ヒレ肉がお箸で切れます。ソース 塩 山葵をお好みで!デザートは、栗のムース中に栗がそのままトリュフが秋がたっぷり。ハーブティーと一緒に!
山口さん 秋満喫です。イタリアン ジャパンですね。新鮮な食材を活かしたイタリアンです。

2018年10月03日

温習会

10月1日から 祇園の温習会 が始まりました。場所は、春秋座 午後四時からです。
芸舞妓さんのお稽古の成果が試されます。人数は私たちの時代とは違い少なくなりましたが、皆さん頑張ってますので、見に行ってあげてください。料金は少し高め
一等席 8500円 出し物は五番 あります。舞妓さん 若い芸妓さん 中堅芸妓さん ベテラン芸妓さん 最後の追い出しは、若手芸妓さんです。

2018年09月12日

祇園桝梅さんで二次会

鈴江さんの後 二次会は、祇園 桝梅さん。ピーターのお知り合い 中条きよしさんと合流しました。初めてお目にかかりましたが、以前からお知り合いのように馴染んでしまいました。芸能界では 本音でお話しできる唯一の友人 だとピーターの大切なお友達です。三次会には、3人でクラブに!お話が尽きない楽しい一夜でした。

2018年09月02日

ショーの後は銀座へ

10時過ぎてラッシュで銀座へ!寿司 石原 祇園の舞妓さんだった見習いの後輩 豆志乃さんが、 が女将さんでいます。綺麗な品の良い可愛い人です。お店は銀座久兵衛さんにいた板前さんだそうで、豪華なネタには驚きです。雲丹も5種 唐津 淡路 北海道など贅沢に。お向かいのクラブから 元芸妓さんだった、豆ゆりさんが迎えに来ました。七丁目の路面店のクラブは珍しい!銀花 にお勤めです。すでに銀座の女 が身についていて、店内でも結構落ち着いたいました。お店はホステスさんが40人弱いるそうです。数時間で慌ただしいひと夜でした。まるで祇園が銀座に引っ越したような夜でした。楽しかったです。超贅沢。

2018年07月19日

祇園祭 お旅所

17日朝から 鉾巡行 が終わり 夜には、八阪神社から三基の御神輿さんが、御旅所に到着されました。17日から24日に帰られるまで、ここにお参りします。アスファルトは、50度近くあるような気温 わざわざではなかったですが、せっかくなので、お参りさせて頂きました。今年も厄除けになりますように。この歳になって願はかけないですよ!平和に暮らせるように!とお願いしました。でも、暑い。熱い、💦
どうなってるのでしょうね。

2018年07月11日

ココさん京都観光

ココさん京都で時間あるので、ささよさんに連れてもらって 伏見稲荷に行きました。夜には 祇園コーナーで お知り合いの亜紀さんが出演しているので、生け花と舞妓さんを見て帰りました。濃い京都観光されました。
今日は36度もあるのに大丈夫だったかな!

2018年07月11日

ココさんと

ハワイのカリスマネイリスト ココさんが京都に来られました。京都のネイリストのささよさんとご一緒にお食事をして 祇園かさいに。ネイリスト同士の深いお話も弾み今後の事業のお話や息子さんのコナちゃんの近況。楽しい話題に夢中です。かさいに設置されている クレミアのソフトクリームを食べたりとあっという間に12時。また京都に来てくださいね。

2018年05月25日

祇園 ちから

祇園 グランマーブル と言うパンヤさんと言うかデニッシュのお店の二階にカフェがオープンしました。 シャンパンとデニッシュのフレンチトーストが売りとか!
山口さんの後なのでお腹はいっぱい。 紅茶だけ注文。変わった名前の紅茶であまり馴染みがなく、美味しいと言うこともない。でも、しつらえがステキです。木が主体の茶の間風。まだスタッフが慣れてなくて、サービスはイマイチ!メニューも少なくて様子見状態かな!もう少し慣れたらまた行こうかな!空いていてお話するにはもってこいでした。ちなみに 紅茶800円です。

2018年05月17日

鈴江さん

割烹和食では、今 京都で一番高級なお店ではないかと思います。中々私個人では行けないお店 鈴江さん。もちろんお味は抜群ですが、食材の良さは最高です。旬の鳥貝はこの時期どこのお店でも出ますが、こちらは厚みと身の弾みが違います。口の中でグイグイと跳ね返るのです。鯛の真子も珍しい!雲丹はじゅんさいと混ぜてスルッと呑んでくださいね。と。雲丹って飲み物?鮑も分厚く穴子の脂ののりも鱧より増してます。締めのお寿司 いかったイカ 中とろ 海老に油目 400年前の景徳鎮のお皿の盛り付けも青い実のさんきらいが趣味の良さを感じます。あー贅沢なお食事でした。祇園街を舞妓さんとそぞろ歩く後ろ姿も粋ですよね。前でないのがなんとも。

2018年05月13日

祇園 千花 の火事

昨日お昼過ぎ 知り合いからラインが入り 祇園千花さんから煙が出てる!と送られてきました。その後すぐに 消防車がこんなに。火も出ていて四条通りは騒然としていたそうです。 千花さんは先代からお店に寄せて頂いていた祇園の老舗です。少しづつ小鉢に出したりと最後に出る 白蒸しご飯にシソと刻んだ柴漬けが載せてあるご飯が名物でした。これを食べたさに連れて行ってもらったのです。細い路地が趣があったのですが、今後はどうなりますかしら?心配です。早く再開して欲しいですね。でも近隣の方々もお見舞い申し上げます。